忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2019/10/23 01:31 | ]
アニメの話でもするぞゴラァ!
こんばんわ。
やっぱり1日3回更新は無理だったよ(´・ω・`)、ジロロです。
さてさて、今回は久々に個人的に注目している今季(2016年秋)のアニメの事でも話したいと思います。
(以下略)
本文は「つづきはこちら」にて…

拍手[0回]


さてさて、既に今期のアニメも全作1話の放送を終了して、大体の人が期待外れの物を切り捨て始める時期ですね。自分も2~3作ほど切り捨ててますが…
そんなこんなで、個人的な感じでは今期のアニメは豊作ですね、端的に言うと。

それじゃあ、まぁ今更ながら個人的に注目しているアニメを1作づつ書き連ねようと思います。

1、DRIFTERS
 HELLSINGで有名なぶっ飛んだ作画や台詞でお馴染みの人気漫画家、平野耕太(愛称:ヒラコー)の描く、歴史上の偉人たちが異世界に飛ばされ、壮絶な戦争を展開するというアクション漫画が原作のアニメ。これはOVA版HELLSINGの頃からアニメ化の期待がされていた作品で、当時HELLSINGにのめり込んでいた自分も大きな期待を寄せていた作品です。
1話を見てみたら、平野さんの作画そのままで登場人物が動いていて感激してました。

2、あおおに~じ・あにめいしょん~
 ニコ動で爆発的人気に火が付いて小説・漫画・実写映画化と数多くのメディア展開がされた人気フリーゲーム「青鬼」のまさかのテレビアニメ化。1話5分ほどのショートギャグアニメで、ゲーム内での小ネタをメイン(?)にしたシュールな内容となってます。ただし、そこは「青鬼」。第1話からハピツリやサウスパークを彷彿させるグロさも忘れていない内容となっています。
まぁ原作者がサウスパーク好きだという噂もあるからだろうが…
それと、このアニメの放送終了後辺りに長編アニメ映画版も放映が決定してるので、前菜として見るにはお勧めの作品になってます。

3、魔法少女育成計画
 同名の小説・漫画が原作の今期の「まどマギ」系魔法少女アニメ。とある携帯アプリをしていたら、そのアプリのマスコットキャラと契約して魔法少女となるも、人数が多すぎるので半分に減らすという理由で、仲間同士の殺し合いを強いられるという鬱展開が繰り広げられる作品。否応なく契約され、本人の意思とは関係なしに殺し合いに巻き込まれるという内容は、「まどマギ」から続く物騒なものだが、意外とアニメ化の期待度が高かったので自分も1話・2話と見ました。第2話で既に1人死んじゃってるし…。ノリ的には「まどマギ」や「ゆゆゆ(結城友奈は勇者である)」感覚で見るといいかも…

4、フリップフラッパーズ
 普通の女子中学生のココナが、突如現れた謎の少女パピカに連れ出され、異空間「ピュアイリュージョン」へと冒険に出るオリジナルアニメ。
1話を見てもまだ全容を把握できていないが、主人公二人が変身する魔法少女系のオリジナルアニメということもあり結構面白そうということで続けようとしている作品の一つ。どんな内容へと展開していくのか少々期待。魔法少女育成計画とは正反対の明るい魔法少女ものみたいだし。

5、終末のイゼッタ
 1939年、現実世界で言う第2次大戦中のヨーロッパを舞台とした2人の少女の戦いを描くオリジナルアニメ。世界観は第2次大戦初期の頃のヨーロッパを土台にしてはいるものの、各国の名称が現実のものとは全く違うものになっている点にも注目(まぁナチスなんて軽々しく出しちゃいけないもんね)。オリジナルアニメであること、そして何より主人公の1人が対戦車ライフルに跨って空を飛ぶという驚愕のシーンを見たのが視聴しようと思ったきっかけ。時代背景もあって内容は結構なシリアス系。笑い要素はない方だが、コメット・ルシファーのノリで見るとちょうどいいかも。

6、装神少女まとい
 こちらもオリジナルアニメ。巫女のアルバイトをしていた主人公がひょんなことから神様の力を纏い、退魔活動をするという「カードキャプターさくら」風味のアクションアニメ。第1話の冒頭では中二病丸出しな要素もあったりしたが、内容自体はシリアスとギャグがバランスよく取れている作品。だが下手したら視聴者が置いてけぼりにされかねない気の抜けない作品になりそう…。

7、信長の忍び
 同名の4コマギャグマンガが原作のショートギャグアニメ。ニコ動で第0話を見て視聴確定した作品。監督がギャグマンガ日和で知られる大地丙太郎ということもあり、テンポのいい進み方をする作品になってます。ただ、Wikipediaを見るとやっぱり戦国時代だと言わしめるドシリアス展開も含まれている模様。あんな可愛いタッチで普通に登場人物死なせてるのが恐ろしい。まぁ前例はいくらでもあったが(特にまどマギ…)そして主人公の千鳥がかわいい。

8、怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~
 ウルトラ怪獣の擬人化キャラによるショートアニメ。ネット内では結構前から密かに話題になっていた擬人化計画の一環で、アニメ版はウルトラセブンで登場したカプセル怪獣を擬人化したキャラ3人が主人公の作品。結構ゆる~い感じで見れるほのぼの系となってます。因みに変身バンクはパンスト以来の逆作画崩壊となってます。

9、奇異太郎少年の妖怪絵日記
 こちらも妖怪と少年の日常を描くショートアニメ。原作第1巻を読んでみた後に第1話を見たが、アニメ版ではなぜか平成狸合戦やってるせいで原作は設定のみのオリジナルストーリーで進めるのかな?まぁ主人公の少年と座敷童の少女の関係にニヤニヤが止まらない自分がいるが…

10、クラシカロイド
 NHKで放送のオリジナルアニメ。この作品は主役キャラを杉田智和さんが演じるというだけで見ようと決めた作品です。でも3話辺りで切ってしまいそう…

ざっとこんな感じですが、最後に1作。
この作品、かつての「さばげぶっ!!」の時の衝撃を思い出させた作品(俗にいう黒船)です。それが…
11、私がモテてどうすんだ
 「画伯」で有名な小林ゆうさんがメインヒロインを演じる、同名の少女漫画が原作の逆ハーレムラブコメ。デブで腐女子の主人公が好きだったアニメキャラの死亡がきっかけで激痩せしたことで、学校のイケメン4人からアプローチを掛けられるという乙女ゲーあるあるの内容。この作品、なんだか知らんが「さばげぶっ!!」の時と同じ衝撃を受けて即視聴確定しました。というか、個人的に好きになった少女漫画原作のアニメって今回で3作目なんだよな…(1作目は「会長はメイド様」、2作目が「さばげぶっ!!」)

ふぅ、見ようとしてる奴だけでも結構な量ではあるが、他にも前に放送された以下の続編ものも引き続き見る予定です。
1、魔法少女なんてもういいですから
2、おくさまが生徒会長!
そんでもって、既に見るのを切った作品が以下…
1、ステラのまほう
2、はがねオーケストラ
3、戦国鳥獣戯画
4、モンスターハンター ストーリーズ RIDE ON
5、競女!!!!!!!!

最後に個人的な覇権アニメランキングは…
1、DRIFTERS
2、私がモテてどうすんだ
3、あおおに~じ・あにめいしょん~
4、信長の忍び、魔法少女育成計画
6、怪獣娘~ウルトラ怪獣擬人化計画~
7、フリップフラッパーズ、終末のイゼッタ、装神少女まとい
10、奇異太郎少年の妖怪絵日記、クラシカロイド

こんな感じです。
原作も買っているDRIFTERSと思わぬ黒船だった私モテ(画伯)は不動ではあるが、こうしてみるとオリジナル物が少し様子見という印象だなぁ…。あとショートものが意外に多い。まぁ短い時間でパッと見れる系のアニメが増えてるご時世だからなぁ。

そんなこんなで、今期見ようとしてるというか見ているアニメはこんな感じです。
皆さんの覇権アニメはなんでしょうかね?あ、アンケはとらないから大丈夫だよ。
そんなこんなで今日はこの辺で(^^)/
PR



[ 2016/10/10 21:57 | Comments(0) | アニメ ]

コメントを投稿する






<< ジグソーパズル、ひっそりマイブーム化  |  ホーム  |  久々なワンドロ再開したよ!!(前菜) >>