忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2020/04/05 20:07 | ]
かゆ…うま…
こんにちは。
昨日、訳あって病院の皮膚科に行ってきました(汗)
(以下略)
理由を知りたい方は「つづきはこちら」にて…

拍手[0回]

さて昨日、ちょっとやそっとじゃ病院に行かない筈の自分が、何故病院に行ったのかと言うと…
































漆にかぶれて顔が腫上がったからです。

痒い!!>(゜口゜;)

ええ、何故そうなったのか…
話は今週の水曜日の事です。日射病にかかった水曜日です。

1.仕事で森林伐採の作業がありました。
          ↓
2.自分は切り落とされた木の枝を2tトラックの荷台に積み込む作業を行っていました。
          ↓
3.切り落とされた木の枝の中に漆(読み:うるし  触れると強い痒みを覚え、触れたところから全身へと汗を通じて皮膚が腫上がっていく成分を持っている樹木の事。  決して東方で活躍している某有名絵師の事ではない。)が混じっていて、知らず知らず顔に枝が触れてしまっていた。
          ↓
4.翌日(木曜日)の夜、顔に軽い痒みを覚える
          ↓
5.金曜日。木曜日よりも激しい痒みを覚えながら仕事をする。作業中に汗をかきまくったせいで、腫れが顔全体に広がる。会社の人に痒みを訴えると「漆かぶれ」である事を知る。
          ↓
6.仕事が終わって直ぐに病院に向かい、抗生剤と点滴を打って応急処置をしてもらった。
  幾つかの薬を貰って帰宅。
          ↓
7.痒みは治まるも腫れは一向に引かず、現在に至る。


ってな感じです。
本当、病院に向かうまでの間はガチで痒かったです(汗)

某マンガで、巫女姉妹の妹のほうが、怪盗に成りすました小説家に1週間痒みが引かなくなるトロロをぶっ掛けられたせいで、痒い余りに思考回路が麻痺してしまうという場面を思い出してしまいましたよ(^^;)

腫れの方は漆の枝と接触した両手首と首、左半分の顔に広がっています。
特に汗が溜まったことで広がってしまった、左顎の下と首の腫れが一際酷く、下を向くと三重顎が出来てしまうくらいです(汗)

昨日病院から帰宅した直後、コレを見たオリコが驚く余りに牛乳を吐き掛けられました(^^;)

こんな感じ




ぎゃああああああああ!!(゜口゜;)

ゴールデンウィーク中に治るといいんだけど…(汗)

そんなこんなで今日はこの辺で\(^^;)
PR



[ 2012/04/28 18:05 | Comments(0) | 日記 ]

コメントを投稿する






<< ミニ・ラビット  |  ホーム  |  もうすぐゴールデンウィーク!! >>