忍者ブログ


[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



[ 2020/02/22 14:55 | ]
ジグソウ「ゲームをしよう…」
こんばんわ。
今日はあっちこっち走り回って足が痛い(汗)
最近、「SAW」という有名なスリラー映画を観るようになりました。しかもファンの中でも一番人気の第1作です。(((゜Д゜;)))
そのせいか、最近ジグソウさんに取り付かれつつある気がしてならない(汗)
(以下略)
本文は「つづきはこちら」にて…

拍手[1回]

I want to play GAME.


さて、最近観るようになった「SAW -ソウ- 」の1作目は皆さんなら聞く必要が無いくらい知っているかと思いますが、簡単な内容を記載したいと思います。

第1作は、部屋の真ん中に銃で自殺した男の死体が転がっている広いバスルームで、
2人の男性(アダムとゴードン)がお互い片足を鎖で繋がれた状態で、猟奇殺人犯「ジグソウ」の残した僅かなヒントを頼りに脱出するゲームを強いられるという内容。

2004年の作品かぁ…。
自分がまだ中学生の頃の作品ですよ(汗)

初めてこの作品を知ったのは、2004年発売の週刊ファミ通での映画DVD紹介ページでした。
あらすじの記載内容とは異なって、
SAWを代表するトラップ「逆トラバサミヘッドギア」を装着された女性(アマンダ)の写真が掲載されていたのを今でも覚えてます(汗)

当時、スプラッターものやグロテスクものの映画を忌み嫌っていた為、
高校生時代に自分のクラスの隣りのクラスが「皆で「SAW」を第1作目から第4作までぶっ通しで観ようZE☆」というイベントをやっていた事に対して、

「なんて末期な人たちなのだろうか…」と本気で思いました。

でも実際に第1作を観てみて、低予算(総額120万ドル ← 噂ではB級のインディ映画でも宣伝費用にすら足りない額と言われている)でありながらあのクオリティはすごい!!
あと何気なく「プレデター2」で主人公を演じたダニー・グローヴァーが出演していて、「なんて俺得なのだろうか!?」と思ってしまいました。

そんな中、未だにグロいシーンに対して抵抗があるせいで、足をノコギリで切り落とすシーンは未だにスキップさせてしまう(汗)
だって雰囲気も相まって不気味で怖いもん!!
でも、全体を通してみるとグロさは局地的で、全体を通してみてもグロものに抵抗を持つ人でも観れる作りになっていたから結構気に入りました(^^)
特にエンドロール前に流れる大どんでん返し用BGMがかっこ良くて、聴いた瞬間大好きになりました(^^)

そんな中、先日自分は仕事場で手動ノコギリでプラスチック製のパイプを切る作業をやった為、「どういうことなの?」となってしまいました。(汗)


前文でも書いていますが最近、ジグソウさんに取り付かれているような気がしてならない(汗)
最近、MMDでは「エイリアン2」っぽい作品でも作ろうかなぁと思っているのに、次第に「MMDでSAWを再現してみるか」と考えてしまうようになってしまっています(汗)

ダメ!!絶対ダメ!!(゜口゜;)

全然ニコニコできないよ!!

そんな中、着実にOMFの時期が迫っていてどうすればいいのやら…(汗)

そんなこんなで、今日はそんな流れで大どんでん返しシーンで使われる、SAWのテーマ曲と共に、また次回の更新でお会いしましょう。


それでは皆さん…
ジグソウ「GAME OVER
PR



[ 2012/04/21 23:26 | Comments(0) | 日記 ]

コメントを投稿する






<< もうすぐゴールデンウィーク!!  |  ホーム  |  最近のネット(主にニコ動)な話 >>